「苑子ちゃんのLIVE。良いLIVEだった。」






僕が楽曲提供をさせてもらっている、井上苑子ちゃんのレコ発に、りくPとして行ってきました!




ちゃんとLIVEを観たのは初めてだったのですが、



予想以上にクオリティが高くてびっくりしました。

ちゃんと歌うまいし、MCしゃべりまくってんのね!!

しかも関西弁!!!笑



あれは気さくな感じが出てて正解ですね。



そして僕が書いた「Say My Name」で、



お客さんがサビを大合唱してくれていたのを観て感動してしまった。

俺も一緒にやっちゃおうかと思ったけど、今回はPとして観てるので、



威厳を保つため、小声で

「おっおっおおおお~」

ってやっときました。




バックバンドはI HATE MONDAYS、

そしてドラムはうちのFed MUSICのアキモが叩いてたんですが、



やつらも良い仕事してたなー。

とにかく良いLIVEでした。




細かいアラはまだまだあると思いますが(ごめん!)



このままコンスタントにLIVEや経験を重ねていけば、

彼女は素晴らしいアーティストに成長すると思います。



ちなみに苑子ちゃんは、

11/19に4thシングルの発売が決定。



そして、

12/11 彼女の17歳の誕生日に、

TSUTAYA O-WESTでのワンマンライブが決定しました。

ぜひシングルを購入して彼女のLIVEに足を運んでみて下さい。



RIKU


*過去記事は左上の「Archive」からご覧になれます。















「自分の作品の発売の入り口から出口まで、全部自分一人でやる、という事。」



来月7/23(水)にリリースしたLogeqの1st Single「Here we come」ですが、



今回は作曲、作詞、アレンジ、

はもちろん、



トラックメイク、ミックス、歌のレコーディング、

はもちろん、



なんと音源の発売まで、



自分一人で、


さらにすべての作業を自分の部屋の中で完結させました。



これは、


「俺すごいでしょ」



って言ってるんじゃなくて、



「そういう事が自宅で一人でやれてしまう時代」



だということなのです。



すごい時代ですねー。



インターネットは使い方を間違えなければ、自分にとってすごい武器になるという事ですね。



やる気さえあればニートでも可能。



ニートでやる気が無い、音楽をやりたいけど、コミュ症で人と接するのが苦手、



という人もこういうやり方ならば自分の音楽を発売する事が可能なのです。



(そういうやつばっかりになっちゃうと良くないけどね)




僕は音楽でやってますが、



これ音楽でなくてもやれちゃうんですよね。



どこにでもいる主婦の方が作った工芸品とか、



田舎に住んでるおばあちゃんが作った手作りジャムとか、



そういうものが自宅から発売できるわけです。




しかも今は3Dプリンターなんて物もあるので、


これはアイデア次第で自宅からなんでも発売できてしまう。



「これからは企業ではなく個人の時代、個人から億万長者が普通に出て来る。」



とよく言われてますが、まさにそんな時代が到来しようとしております。



と、言うことはまさしく「今」始めるのが得!!!



絶対得です。



なのでみんな始めましょう!!



会社行きながら空いた時間でもできるじゃないすか。



絶対やった方がいいって!!!




それには、


「とりあえずやってみる」



事がすごく大事だと思います。



まずここがみんなできない(というかまず、ここで80%くらい淘汰されるんじゃないだろうか)。



「はじめの一歩」



さえ踏み出せば、あとはいろいろやれる道がそろってるのが今の時代。



だとしたら絶対やった方が良い。



結果とか考えなくていいと思います。



死ぬわけじゃないし。



それよりも、



「ああ…あの時やっておけば。。。」



ってなる後悔は、「後悔」のジャンルの中でも最も最悪な部類だと思うのです。



やってみてピンと来なかったらやめりゃいいんだし。

(そのくらいの軽さ、マジで大事だと思います。)





なんか面白いアイデアあったら、即実践してみましょう!



そしてそういうアイデア思い浮かんだら俺にも教えてください笑



なお、今回の発売に当たってアドバイスを頂いたり、ジャケットを書いてくれたり、翻訳チェックなどをしてくれた友人達にはホントに感謝です。

そう考えると決して一人ですべてやったとは言えないんですけどね。


そこは忘れないようにしなければ。





*過去記事は左上の「Archive」からご覧になれます。



RIKU









「Logeqシングル曲に入れてある『聴くとDNAを修復する』と言われる”ソルフェージュ周波数”について。」




前回のブログ、あとTwitterやFacebookで何度かつぶやいていますが、



今回リリースするシングル、



「Here we come」にはある音が入っています。



それは「ソルフェージュ周波数」といわれるもの。



これはなにかっつーと、



「聴くと人間の身体や精神に対して良い作用を及ぼす」



と言われるものです。




これはいくつか種類があり、



852Hz「直感力の増加」



417Hz「困難や挫折からの回復」



396Hz「罪悪感・恐れ・トラウマからの解放」



などいろんなものがあります。



詳しくはこちらをご覧下さい。

http://matome.naver.jp/odai/2134053740608056601




そして「Here we come」には、



「聴くとDNAを修復する」と言われる、



「528Hz」を入れてあります。



「ソルフェージュ周波数」の事を知った頃から、



いつか自分の曲に入れてやろうと思っていたのですが、今回それがついに実現しました。



聴くだけでDNAが修復されるという画期的な音楽、



たぶんこれをやったのは世界で僕が初なのではないかと。

(いやわかんねーな、いるかもしんねーな。)




しかしこの考えは曲が完成したあとで思いついたことなので、



当然あとから全然関係ない音を入れても不協和音になってしまうため、



どう入れるか悩みました。

そこでとりあえず入れてみようと思い、

528Hzを曲中に強引にぶち込んでみました。



すると、なんという事でしょう!!!


全く不協和音にならずに、「Here we come」とキーがぴったり合うではありませんか!



これにはマジでビビリました。



まさしくこの曲はソルフェージュ周波数を入れるべく誕生した音楽で、



528Hzがパズルの最後のピースだったのです!!


この曲は「みんなのDNAを修復するため」に産まれた曲なのです!!!



はい、っつーわけで、この夏はあなたもぜひこの「Here we come」を聴いて、



DNAをキレイにして素敵に過ごしましょう!!!




あ、あと、



「聴いたけど修復されないんだけど」



みたいな苦情はいっさい受付ません。




すいません。



RIKU



*過去記事は左上の「Archive」からご覧になれます。












「Logeqの1st Singleがリリース。そして俺の祖先がユダヤ人かもしれない理由:Vol.4」




第四弾、最終回です。



前回までのブログで、



「自分はユダヤの失われた一族の末えいかもしれない」



ということを書きました。



それについては現在調査中であり、はっきりとした事は全くわかりません。




しかし、自分でトークライブまで開催するほどの都市伝説好きとしては、



今回の事は相当テンションの上がることなので、



なんとか自分の作品にこの想いを投影したい、



という事で今回のLogeqのシングルのテーマは、



「俺の先祖がユダヤ人かもしれない」



です。



(*注意:ここからがっつり自分の作品の宣伝になります。)




まず歌詞、



「はるか西の地から、伝説の部族が長い距離を移動して日本までやってきた。」

みたいな歌詞を勝手に書きました。



さらにイントロなどに、なんと「ヘブライ語のコーラス」を入れてあります。



もちろん初めての試みです。




そして今回のジャケットは、



ユダヤの救世主である「モーセ」(海をガーって割る人ね)の格好をした俺です。



もう完全に自己満足ですね。



すいません。




前回まで書いていたユダヤの末えいの件のブログの説得力が全く無くなりそうですが、



今回はどうしても気持ちが抑えられないので、やらせていただきました。



あとこの曲には、



「聴くとDNAが修復される」



と言われる「ソルフェージュ周波数」



が仕込まれています。



(これはユダヤとは全然関係ありません。これに関しては次回のブログで詳しく!!)




そしてせっかくなので、ここで問題!!!


この曲に入っている「ヘブライ語のコーラス」は、


日本語に訳すと、なんと言っているでしょう?


これが分かった人は、


info@logeq.jp


までメールを下さい。



正解した方には粗品をプレゼント!!



知り合いにヘブライ語が分かる人がいる人はチャンス!!!



最後だけ内容がうっすい感じで終わっちゃいましたが、



最後まで読んでいただいてありがとうございました!!



そしてぜひ、



Logeqの1st Single「Here we come」を聴いてみてくださいねー。



https://www.youtube.com/watch?v=nWnuk-rcicM*Youtube



RIKU



*過去記事は、左上のAchiveからご覧になれます。










「REIのワンマンライブに参加してきました!!!」



親友のレイ•マストロジョバンニの初のワンマンライブにサポートメンバーとして参加してきました!!



すげー楽しかった!!



今回はレイバンドでいつもやってるコーラス、Human Beatboxに加えて、



都市伝説まで話して来ました。笑



image

レイのバンドでは何度もライブをさせてもらったけど、



昨日のような長丁場は初めて。



初めてやる曲も多かったけど、最高に楽しかった!!




しかしあのクオリティの高いミュージシャンたちを、


あんな人数もサポートに迎える事のできるレイの人脈はホントすごい。。。



あの人柄がまわりに人を集める、という事ですね。




ドアコックにも久々に会えて良かった!!



これを機に、レイにはどんどんワンマンの経験を積んでってほしいですね。


image


REIおめでとう!!!!!!

RIKU



*過去記事は左上の「Archive」からご覧になれます。






「Logeqの1st Singleがリリース。そして俺の祖先がユダヤ人かもしれない理由:Vol.3」




シリーズ第三弾です。




前回は百済の国についてお話ししました。


それではその百済の人たちはどこから来たのか?




百済のルーツを調べると、どうやら百済の人たちは国を作る前、



中東の「弓月国(ゆづきこく)」という国に住んでいて、



弓月国の滅亡後に朝鮮半島に移動し、百済を建国した、



と言われています。



この「弓月国」があった場所は諸説あるのですが、



現在のタジキスタンのあたりにあった、という説が濃厚なようです。



そしてなんと、タジキスタンの東に、



「クダラ」という名前の街が現在もあるようです。




そして、さらにこの弓月国の人たちがどこから来たのか??



それを調べて行くと、弓月国の人たちは元々はイスラエルに住んでいるユダヤの10支族の中の一つで、



国を追われた後に中東に移動し、弓月国を建国した、


という可能性は、かなり高いそうです。




そう考えると、僕の先祖は元をたどりまくると、



「ユダヤの失われた10支族だった」



という説が立てられるというわけです。




そしてこの国名に使われている、



「弓月」という言葉、



ヘブライ語では弓月というのを「クタール」と発音するそうです。


「クダラ」という響きはこの、



「クタール」



が長い年月を経て変化したものではないか??



しかし、この辺は真相は全くわからず。。




この話は全くの仮説ですが、もしホントだったら相当ヤバイ。。。


昔ドラクエやってて、ゲームスタート直後に、



「おお!!勇者ロトの血をひきし者よ!!!」


とか王様に言われたけど、マジでそんな感じっす。




個人的には都市伝説大好きで、ユダヤの事に関しても相当調べてただけに、



これを知った時はめちゃくちゃテンション上がりました。



しかしこれを証明する術は、今んとこなんにもありません。




でもこの高まった気持ちを抑えることができない。



そこで、今回のシングル曲にその想いをぶつけることにいたしました。



それは曲調、歌詞、ジャケット、曲中の仕掛け、



いたるところにユダヤの支族のエッセンスが散りばめられております。



次回のブログでは、そのエッセンスについてお話ししようと思います。



(注:次回のブログは完全にシングルの宣伝です。)



RIKU



*過去記事は、左上のAchiveからご覧になれます









「Logeqの1st Singleがリリース。そして俺の祖先がユダヤ人かもしれない理由:Vol.2」



シリーズ第二弾です。



「僕の祖先がユダヤの支族だったかもしれない」という話の続きですが、



まずユダヤ人の歴史と、ユダヤの「失われた12支族」について少しお話ししましょう。



ユダヤ人と言えば、現在は基本的には中東にある国、イスラエルに住んでいます。



image

左の緑の文字の国ですね。



しかし現在のイスラエルが建国されたのは第二次世界大戦以降。



それまでユダヤ人は世界に散らばって暮らしていかなければいけませんでした。



古代のイスラエルにまだユダヤ人が住んでいたころ、イスラエルは外敵に攻め込まれ、



ユダヤの民は世界各地に散らばる事を余儀無くされました。



その頃ユダヤには12の支族があったのですが、その内の10支族が国を追われて別の場所に住む場所を求めなければいけなくなりました。



そのうちのいくつかの支族の末裔は、中国やミャンマーで存在が確認されているらしいのですが、



のこりの支族の行方は未だに謎のままで、世界史のミステリーの一つになっています。



そのうちの支族の一つが、もしかしたらなんと僕の祖先なのかもしれない、という話なのですが、



それにはまず僕の変わった名前の説明もしなくてはいけません。




僕の名前は、

「久樂 陸」

と書いて、

「くだらりく」

と読みます。



日本人の中では相当珍しい名前だと思います。



そもそも久樂、という苗字はどこから来ているのか、それは父親に聞いて知っていたのですが、



昔、朝鮮半島に、



「百済(くだら)」



という国がありました。



そして僕の祖先はどうやらその百済の人らしいのです。



百済は隣国、新羅(しらぎ)との戦に敗れ、その末裔は日本の大阪に渡り、豊臣秀吉と接触して、大阪を中心に日本人との交流を始めました。



大阪城の入り口にでかい大砲があるのですが、それは僕の祖先、



「百済清次郎」が中心となって作ったものだそうです。



image

image



他にも「百済王神社」という神社まであって、数年前に知り合った占い師に、



「あなたが生きている間にここにいきなさい。」



と、ドラクエのほこらで言われるような事を言われ、実際に参拝にも行きました。



image



なので僕の名前から、百済の人たちが僕の祖先である事は間違いないのですが、



問題はその後、



「では百済の人たちはどこから来たのか??」



これを調べたところ、ある驚愕の調査結果が出て来たのです。



それは、何か…。





Vol.3に続くのです!!!!!



*過去記事は左上の「Archive」からご覧になれます。



RIKU






Logeqの1st Singleリリース。そして俺の祖先がユダヤ人かもしれない理由:Vol.1



Logeqの1st Single 「Here we come」



が7/23(水)についにリリースされます!!



せっかくなのでこの曲にまつわる話を、



このブログで書かせて頂きたいと思います。



それを知ってからの方が、よりこの曲を楽しめるのではないかと!




まずこの曲を作るきっかけになったこと、それは



「僕の祖先が古代ユダヤに伝わる、伝説の”失われた12支族”の中の一つではないか?」



という事。


この時点で僕の事をバカだと思った方もいらっしゃるかもしれませんが、



まず、この考えに行き着いたきっかけ、それをお話しなければいけないでしょう。





まず僕の本名は、

「久樂 陸」

と書いて、

「クダラ リク」

と読みます。



そしてぼくは「都市伝説マニア」として知られております。



都市伝説にはユダヤ関連のお話が沢山あるため、



ある日僕がヘブライ語について調べていたところ、



僕の名前の、



「クダラ」



という響きがなんとなくヘブライ語に似ている、

と思った所から、

「俺の祖先がユダヤ人だったらおもしれーなー」

と、かる~く思った事がきっかけでした。




しかし調べを進めて行くと、どうやらあながち間違いでもなさそうな事がどんどん出てくるではないですか。



それを調べて行って、なぜ自分の祖先がユダヤ人かもしれないのか?



と思った経緯をこのブログで何回かに分けて書いていきたいと思います。



もしちゃんとした歴史研究家の方がこれを読んだらすごい怒られちゃう事になるかもしれませんが、



あくまでこれは僕の仮説にすぎない、という事を前提で読んで頂ければと!!



Vol.2をご期待下さい。



*過去記事は左上の「Archive」からご覧になれます。



RIKU









虫やゴキちゃん除けに効くスプレーの作り方教えます。超簡単です。



「今年は冷夏になります」



と言っていた気象庁の発表も一転、



「今年は例年並みに暑くなる」



そうです。



そうなるとやはり夏になると活躍するあの生物…。



そう、ゴキちゃんですね。



なるべく自分の記憶から排除したい、



いやできれば人生から除外したい生き物ナンバー1の誉れ高いあの生き物ですね。




そんなゴキちゃんにはなるべくお会いしたくない、



という事で、ゴキちゃんが嫌いな液体の作り方を教えましょう。



まずは薬局でこれを買ってくる。



「ハッカ油」


500円くらいですね。



そして100円ショップ等でスプレーを買ってきます。



あとはスプレーに水を入れ、ハッカ油を垂らして混ぜるだけ。



(水100mlに対して、ハッカ油を20滴くらい入れるといいらしいけど、その辺はテキトーでいいみたいです)



これで完成!!



かんたんでしょ?




あとはこいつをゴキちゃんが出そうなとこに吹きかけまくりましょう。



使い終わったあとのキッチンとかね。




それと蚊などの虫もこのハッカ油が大嫌いなようなので、



こいつを網戸などに吹きかけとくとマジで虫が来ません。



さらにこれを自分にもかけとけば虫除けになります。


ひんやりして気持ちいいですよ。

(肌に吹きかける時は、無水エタノールを少し混ぜると良いみたいです)



このハッカ油は万能で、



消臭効果、



肩こり、筋肉疲労(数滴を肩に塗りこむ)、



などにも併用出来るようです。




これで今年の夏はゴキちゃん遭遇率ゼロを目指しましょう。



しかし基本的には、



ゴミは早めに捨てる(特にタマネギが好きみたい)などの対策はしましょうね。



*ハッカ油の会社の回し者ではありません。念のため。



RIKU

「ADAM atとコラボしたピアノヴァージョンを入れるため、急遽シングル発売を延期します!!」




タイトルの通りです。


楽しみにしてくれている方々には本当にすいません。。。



しかしあまりにも素晴らしいコラボになったので、



どうしても入れたくなっちゃいました。





ADAM atの玉ちゃんがピアノを弾いてくれて、その上でに僕の歌が乗っている、



という完全に歌とピアノだけのコラボです。



これを入れて2曲で販売しますので、もう少しお待ちください!!


正式な発売日は7/23(水)となります!!




しかしこんな事できるのも、自主レーベルならではですよね。



事務所入ってる頃だったらこんなの絶対許されなかった。



きっとめちゃくちゃ怒られてたわ。




既にMIXは終了していて、とても素晴らしい仕上がりになっています。



早くみなさまにお聴かせしたいです!!



そしてこれ絶対ADAM atとLIVEでやりたい!!



客席にヒマラヤ岩塩の粉をまき散らしながら演ります!!

(ウソです)



RIKU